風の便り
  1. トップページ
  2. 風の便り2020
風の便り
2020.10.21
絞り加工プレス機械による絞り加工の紹介です。絞り加工とは、1枚の金属板に圧力を加え容器の形状にする加工方法です。

1回で絞れる深さには限界がある為、1回で絞れなければ2回、3回と何回も絞り加工を繰り返して成形します。

プレス加工の中でも難しい絞り加工は、割れやシワ、ヒズミなどが生じることがあるので金型や設備、加工条件などのバランスがとても必要とされます。
2020.10.12
ヤスナガの庭10月に入り、季節はすっかり秋めいてまいりました。

「YASUNAGAの庭」にも秋の味覚がたくさん実っています。栗、みかん、洋ナシ、そして今年植えたサツマイモはとっても大きく育ちました。

季節をいっぱい感じられる「YASUNAGAの庭」にいつでも遊びに来てください。
ヤスナガの庭 ヤスナガの庭 ヤスナガの庭
2020.10.2
機械部品のような彼岸花機械部品のような彼岸花弊社と隣の田んぼとの間に、社長が植えた彼岸花がきれいに咲いています。花言葉は情熱。まっすぐ空に向かって咲くところが社長は好きなのだそう。

1つ1つの花がきれいに円になっている所から、社員の中には機械部品を想像する者も…根っからのエンジニアですね。

いくつもの小さな花が1つの大きな花に見える彼岸花のように、YASUNAGAも社員一人一人が輪になって大輪の花を咲かせたいと思います。
2020.9.29
三次元測定器三次元測定器弊社に依頼される製品にはとても精密な部品が多く、時には公差がミクロン台なんてことも…。

また、ノギスやマイクロメータなどでは測定が困難な形状の依頼も多い為、三次元測定器は必要不可欠です。

そのため、2台ある三次元測定器で寸法誤差が無いよう毎回厳しいチェックをしています。(時には検査だけのご依頼もあります。)
2020.9.23
プレス機械弊社にはプレス機械が9台あります。

薄い板金素材に対して上から下方向に強い圧力を加え、機械に装着した金型の形状に変形させることができる機械です。
抜き加工金型の形状によって曲げや絞り加工ができますが、今回は抜き(穴あけ)加工のご紹介です。

製品加工の最初の工程、ブランク板から目的形状の穴になるように打ち抜きます。
2020.9.11
機械加工の勉強会弊社では、可能な限り週に1回勉強会をしています。機械加工10年以上の社員同士、順番に先生となって機械加工の説明をしていっています。

皆で情報や意見を交換しあい、機械加工の「技術」「精度」「効率」の統一化を図るようにしています。
2020.9.8
工場敷地内の畑工場敷地内の畑YASUNAGAの工場敷地内には、木々やお花が咲き誇る庭園のほかに畑もあります。

ここ最近は暑い中、弊社の社長が毎日新しい畑の整地をしています。社長も日焼けをして真っ黒…木陰の風がきもちいいですね。

整地が終わったら、従業員のみんなでバーベキューをやりたいと思います。
2020.8.26
ホームページをプチリニューアルしました。これから少しずつコンテンツ内の情報も増やしていき、弊社のことをわかってもらえるような情報発信にも努めていきたいと思います。

まずはこの「風の便り」という日記枠を追加しましたので、これからここで工場のこと、加工のこと、植物のこと、趣味のことなど、様々なことを書いていきたいと思います。

これからも株式会社YASUNAGAをどうぞよろしくお願いいたします。